目で見てわかるe-Rad

助成金・補助金に活用されるe-Rad

e-Rad(イーラド)とは「府省共通研究開発管理システム」の略です。
e-Radは助成金や補助金の様々な過程で活用され、申請時にe-Rad登録を要求されることもあります。

e-rad_use01

申請時の使われ方は助成金・補助金によって異なります。申請される助成金や補助金の募集要領の記載に注意が必要です。

申請方法いろいろ


e-Radは府省横断的なシステム

e-Rad ―府省共通研究開発管理システム― とは、競争的資金制度を中心として研究開発管理に係る一連のプロセス【応募受付→審査→採択→採択課題管理→成果報告等】をオンライン化する府省横断的なシステムです。

e-rad_overview.fw

e-Radシステム構築の経緯を詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください。≫e-Rad公式サイト
『システム構築の経緯』

※e-Radは平成25年1月15日より新システムに移行いたしました。

システム内容の変更点はこちらから≫【新e‐Radの主な変更点】PDFファイル


e-Radは誰でも登録できます

e-Radは誰でも登録できます

法人であれば民間企業、一般社団法人、NPOも研究機関として登録できます。
  • 府省内外局、国立試験研究機関、特殊法人及び独立行政法人
  • 大学、高等専門学校、大学共同利用機関
  • 地方公共団体、都道府県立試験研究機関
  • 公益法人(財団法人、社団法人、その他)
  • 民間企業
  • 各制度・事業で指定された研究機関(例:文部科学省科学研究費補助金の機関番号を有している研究機関)
また、研究機関に属さない研究者も登録することができます。

詳しくは公式サイトをご確認くださいe-Rad公式サイト 『研究機関に所属していない研究者』

e-Radの申請はご自身で行えます

e-Rad登録は、必要書類さえ整えれば、無料で行えます。

登録手順は次の通りです。

e-Rad登録ステップ

詳しくは公式サイトをご確認くださいe-Rad公式サイト


e-Radの申請は余裕を持って行いましょう

e-Radは、助成金や補助金の申請の有無に関わらずいつでも登録可能です。

ゆとりをもって登録しましょう。

e-Rad登録にかかる日数


e-Rad関連ページのご紹介