HOME > エネルギー関連技術 > 平成29年度 未踏チャレンジ2050

平成29年度 未踏チャレンジ2050

(この公募は終了しました)

産学連携による温室効果ガス削減のための研究開発支援

公募時期 平成29年5月31日~7月18日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 補助率:100%(委託事業) 上限:2,000万円/年
事業期間の上限:5年間
助成金・補助金の目的:

2050年に温室効果ガス排出削減などを目指して、エネルギー・環境分野の中長期的な課題を解決してCOP21で言及された低炭素社会の実現するための革新的な低炭素技術シーズを探索・創出すること、及び次の研究ステップへの発展、将来の国家プロジェクトに繋げていくこと

対象となる事業:

2050年を見据えた温室効果ガスの排出削減を実施する革新的な技術・システムについて、解決すべき技術課題とそれを解決する研究開発のうち、以下の分野のもの(詳細例示は公募要領参照)

  1. 次世代パワーエレクトロニクス
  2. エネルギー・システム対応センシング技術
  3. 超電導応用
  4. 超軽量・超耐熱構造材料

助成金・補助金の対象者:
  • 企業と大学等の研究機関による産学連携であること
  • 大学等の登録研究員が平成30年3月31日時点で40歳未満であること

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

【購読無料】2週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中