HOME > エネルギー関連技術 > 平成29年度 ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業

平成29年度 ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業

ベンチャー、中小企業の再生可能エネルギーの技術開発支援

公募時期 平成29年10月6日~11月6日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】
助成率・補助率及び上限額 助成率:2/3~100%(委託又は定額) 上限:1,000万~3億円
※フェーズによって助成率と上限額は異なります。詳細は以下をご確認ください。
助成金・補助金の目的:

ベンチャー企業を含む中小企業等の再生可能エネルギーの技術開発を支援し、新エネルギー分野の技術開発や実用化・実証研究を促進すること

対象となる事業:

新エネルギー開発事業のうち以下の4つのフェーズの技術開発

※イノベーション・コースト構想の対象地域で実施される事業は審査時の加点、上限額の増額などの優遇措置有り(対象地域:福島県内15市町村。詳細は公募要領をご確認ください)

  1. フェーズA
    • 期間:1年 上限:1,000万円/テーマ 助成率:100%(委託事業)
    • 産学官連携で行う事業化に向けた基盤研究のためのフィージビリティ・スタディ(実行・実現可能性調査)
  2. フェーズB
    • 期間:1年 上限:5,000万円/テーマ 助成率:100%(委託事業)
    • 産学官連携で行う事業化に向けた基盤技術の研究
  3. フェーズC
    • 期間:1年 上限:5,000万円/テーマ 助成率:2/3
    • 事業化に向けた実用化技術の研究、実証研究
  4. フェーズD
    • 期間:1~2年 上限:3億円/テーマ 助成率:100%(定額)
    • 事業化のリスクが高い技術に関して自治体や大企業と連携して行う、事業化に向けた大規模な実証研究

助成金・補助金の対象者:
新エネルギーの研究開発を行うベンチャー企業及び中小企業 (複数機関で申請する場合は、ベンチャー又は中小企業が代表機関(申請者)となること)

事業スキーム:
h29_scheme

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

【購読無料】2週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中