HOME > 他企業と連携して新事業にチャレンジ > 平成 28年度 ロボット産業活性化事業 公募型共同研究開発テーマ設定型

平成 28年度 ロボット産業活性化事業 公募型共同研究開発テーマ設定型

(この公募は終了しました)

都産技研による「全国中小企業」を対象とした「案内ロボット」の事業化開発支援

公募時期 平成28年11月22日~11月30日(要事前個別相談 締切:11月22日)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【東京都立産業技術研究センター】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 補助率:100%(委託事業) 上限:3,000万円
助成金・補助金の目的:

「案内支援」ロボットの開発する事業者とロボットを活用する事業者等の実用化に向けた共同開発を支援し、中小企業のロボット産業への参入を支援するとともに、東京からロボット技術を発信すること。
※2020年東京オリンピック・パラリンピックで本事業成果をPRの予定。

対象となる事業:

来訪者と多言語による会話により、各施設の情報提供や行き先案内、観光地での観光や文化情報を提供し、目的地まで自律移動する案内ロボットシステムの開発

助成金・補助金の対象者:
日本国内の中小事業者を代表申請者とする共同体。以下の事業者を必ず含むこと。
  • 案内ロボットに係る開発を行う事業者、開発者、公設試等
  • 実証実験場所となる事業者、公益又は一般法人、地方公共団体等

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【東京都立産業技術研究センター】 (公募は終了しました)

詳しくはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

【購読無料】2週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中