HOME > 事業を大きく > 平成31年度 グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金(ものづくりスタートアップ・エコシステム構築事業)

平成31年度 グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金(ものづくりスタートアップ・エコシステム構築事業)

スタートアップ企業と製造支援事業者の連携によるものづくりスタートアップのエコシステム構築

公募時期 平成31年4月4日~令和元年5月15日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【SII】
助成率・補助率及び上限額 補助率:2/3 上限:(類型AB)3,500万円(類型CD)700万円
助成金・補助金の目的:

国内外の先端的スタートアップと、H29年度補正予算事業「スタートアップファクトリー構築事業」で支援した製造拠点等が協力して成功事例を生み出し、そのノウハウを共有。さらに先端的開発への対応力も高め、共に新たな産業を作り上げるためのエコシステム構築を促進すること。

約50の製造支援事業者(スタートアップファクトリー)を採択し、スタートアップ等の量産に向けた設計・試作の支援拠点の構築を推進

対象となる事業:

以下、いずれかの事業類型が対象となり、下記◆事業要件◆を全て満たすことが要件です。

  1. 類型A:擦り合わせ要素が大きい(規格化されていない)製品全体の量産化設計・試作
  2. 類型B:製品特性上重要なコアパーツ(駆動系部品等)のカスタム開発・量産化設計・試作
  3. 類型C:AI等のソフトウェアスタートアップのビジネスを補完するデバイスの設計・試作・PoC
  4. 類型D:上記類型のほか、日本の強みを有する、または生かした製品等の量産化設計・試作・PoC

出典:SII  一般社団法人環境共創イニシアチブ

◆事業要件◆

  1. ものづくり要素を伴う新製品開発に関して、量産を前提に設計・試作等を行う事業であること。
  2. 2社以上(類型ABの場合は3社以上)国内製造支援事業者と連携する事業であること。
  3. スタートアップファクトリーやその他製造支援事業者のアドバイスを受けて設計・試作の計画を検討し、事業実施期間および事業後においても協議をしながら事業を進めること。
  4. 本事業内で執行団体が実施する調査依頼に対応し、知財等に影響がない範囲で公表されることを許諾できること。また、協業する製造支援事業者にもその旨の了承を得ること。

助成金・補助金の対象者:
国内のスタートアップ等
ただし、100%同一資本のグループ企業が、グループ内の製造支援者等のネットワークを活用して実施する場合は対象外

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【SII】

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】2週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中