HOME > 健康・福祉関連 > 平成27年度 医療分野研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム

平成27年度 医療分野研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム

(この公募は終了しました)

産学官が連携して行う革新的医療機器開発への支援事業

公募時期 平成27年6月1日~7月17日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 補助率:100%(委託事業) 上限:要素技術開発タイプ-2千万/年 先端機器開発タイプ-5千万/年
助成金・補助金の目的:

日本発の国際競争力が高い革新的医療機器の実用化の鍵となるニーズを踏まえた研究開発の中でも、医療イノベーション創出を加速する計測分析技術・機器・システムの開発を支援します。

対象となる事業:

AMEDの進める「オールジャパンでの医療機器開発」の一環として、先端計測分析技術及び機器の開発事業が対象となります。

「技術」の開発と「機器」の開発に分類され、更にそれぞれ計測の対象となるターゲットが「既知のターゲット(マーカーや症状)」(L-1)か「新規のターゲット」(L-2)により事業を分類します。

それぞれの目標は以下の通り。
類型(タイプ)要素技術開発タイプ先端機器開発タイプ
L-1
同定されたターゲット(マーカーや症状)を測定
非・低侵襲化、簡便・迅速化、低コスト化等(少なくともいずれかに該当)を実現する診断技術や診断機器の要素技術を完成させる 臨床サンプルからのデータ取得が可能なプロトタイプ機を、ソフトウェアを含めて完成させる
L-2
新規ターゲット(マーカーや症状)を探索・解明
診断・治療の革新的な高度化等に繋がるターゲット(マーカーや症状)の探索・解明等のための計測分析技術や機器の要素技術を完成させる データ取得が可能なプロトタイプ機を、ソフトウェアを含めて完成させる
期間 2年4ヶ月以内 3年4ヶ月年以内

助成金・補助金の対象者:
該当事業における産学の「開発チーム」
  • 企業と大学等の研究機関とで形成されるチーム
    (開発期間中に再編成も可)
  • 臨床医を含むこと
  • 研究開発代表者の任命(チーム全体の責任者)
  • 研究開発分担者の任命(サブリーダー)
※研究開発代表者の所属機関(中核機関)がAMEDと契約する形をとります。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

【購読無料】2週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中