令和元年度補正予算・令和2年度当初/補正予算のポイント

本ページでは、令和元年度補正予算および令和2年度当初予算の中から中小企業のみなさまに使いやすい事業をピックアップしてご紹介いたします。
記載の情報は、現在公開されている情報に基づいており、新しい情報が出ましたら随時更新してまいります。

事業承継・再編・創業等による新陳代謝の促進

事業承継・世代交代集中支援事業

事業承継補助金(R1年補正)

事業承継・M&Aをきっかけに、新しいチャレンジを行う事業者の設備投資等を支援。
※補助上限額の表示は(既存事業の廃業・事業転換 有り/無し)
  1. 後継者承継支援型:事業承継を行う個人及び中小企業・小規模事業者への支援
    1. ベンチャー型事業承継・生産性向上枠 上限:600万円/300万円 補助率:2/3
    2. その他 上限:450万円/225万円 補助率:1/2
  2. 事業再編・事業統合支援型:事業再編・事業統合等を行う中小企業・小規模事業者への支援
    1. ベンチャー型事業承継・生産性向上枠 上限:1,200万円/600万円 補助率:2/3
    2. その他 上限:900万円/450万円 補助率:1/2
※新規事業への参入や業態転換などを行う、一定の生産性向上が見込まれる、など優先採択あり。
※経営資源の廃業等を行うための費用も補助。
本事業では「認定支援機関」との連携が必要です。
公募:2020年4月10日~6月5日

生産性向上・デジタル化・働き方改革

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(R1年補正・R2年補正)

中小企業・小規模事業者等が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。
  1. 一般型:新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発
    • 通常枠:上限:1,000万円 補助率:中小企業 1/2/小規模事業者 2/3
    • 特別枠:R2年度補正予算による新型コロナウイルス対策特別枠。「サプライチェーンの毀損への対応」「対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のための設備投資が全体の1/6以上の取り組み
      上限:1,000万円 補助率:A類型 2/3/B類型・C類型 3/4
      • A類型(サプライチェーンの毀損への対応)
      • B類型(非対面型ビジネスモデルへの転換)
      • C類型(テレワーク環境の整備)
      「特別枠」は業種別ガイドライン等に沿った感染防止対策の投資に対し、「事業再開枠」として上乗せできます。【上限:50万円 補助率:10/10】
    公募:2020年5月22日~8月3日(3次締切) ※以降、約3か月毎に締切設定予定
  2. グローバル型:海外事業(海外拠点での活動を含む)の拡大・強化等を目的とした設備投資等
    上限:3,000万円 補助率:1/2
  3. ビジネスモデル構築型:中小企業30者以上のビジネスモデル構築・事業計画策定のための面的支援プログラム
    上限:1億円 補助率:100%(定額補助)
    公募:2020年4月28日~5月29日
一般型とグローバル型は加点要件があります。
  • 経営革新計画の承認をとる
  • 小規模事業者、又は、創業・第二創業後間もない(5年以内)
  • 昨年の激甚災害指定地域の被災事業者、又は、有効な期間の事業継続力強化計画の認定(申請中を含む)を取得
  • 賃上げを計画している
過去3年間にものづくり補助金に採択されている場合は、減点対象となり、採択されにくくなります。

IT導入補助金(R1年補正・R2年補正)

中小企業・小規模事業者等の生産性向上を実現するため、バックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)のためのITツール(「ソフトウェア(プロセス)」「オプション」「役務」の3区分)の導入を支援。
  • A類型:指定されたソフトウェアから1つ以上のプロセスを含む事業
    上限:150万円 補助率:1/2
  • B類型:指定されたソフトウェアから4つ以上のプロセスを含む事業
     上限:450万円 補助率:1/2
  • C類型(特別枠):新型コロナウイルス感染症の影響対策及び拡大防止に向けた対策を優先的に支援するための特別枠。「サプライチェーンの毀損への対応」「対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のための設備投資が全体の1/6以上の取り組み
    • C類型-1:「プライチェーンの毀損への対応」のためのプロセスが1つ以上含まれる
      上限:450万円 補助率:2/3
    • C類型-2:「対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のためのプロセスが1つ以上含まれる
      上限:450万円 補助率:3/4
    C類型においてはプロセスに必要なハードウェアのレンタル料も対象。
公募:5月11日~5月29日(2次締切) 6月12日(3次締切) 6月26日(4次締切)7月10日(5次締切)※IT導入支援事業者が、ITツールの説明、申請・導入・運用方法等をサポートします。
【全類型共通】過去3年間でIT導入補助金に採択された場合は減点。
【全類型共通】クラウド製品の導入で加点。
【全類型共通】地域経済牽引事業計画の承認を取得で加点。
【A,B類型】テレワーク導入で加点。

【C類型】C類型-1は補助金額150万円まで、C類型-2は300万円までは賃上げをすると加点対象。それぞれ150万円超、300万円超は賃上げが要件

小規模事業者持続化補助金[通常型](商工会地区分/商工会議所地区分(R1年補正)

小規模事業者が商工会や商工会議所と一体となって行う販路開拓などへの支援。
  • 一般型:上限:50万円(共同申請の場合50万円×事業者数の合計額。ただし上限は500万円)条件により上限100万円に上乗せ有り 補助率:2/3
    ※各締切10ヶ月前までに、先行する受付締切回で採択・交付決定を受けて、補助事業を実施した(している)事業者は対象外(共同申請の参画事業者の場合も含む)。
    公募:2020年3月13日~第2回締切:6月5日 第3回:10月2日 第4回締切:2021年2月5日
    新型コロナ感染症対策における上乗せ:業種別ガイドライン等に沿った感染防止対策の投資に対し、「事業再開枠」として上乗せできます。【上限:50万円 補助率:10/10】<
  • ビジネスコミュニティ型:地域の小規模事業者5者以上参画し、「40歳代以下の若年層による創業・企業経営の円滑化、事業承継の推進に関する取り組み」や「企業における女性の活躍等の共生社会の実現に向けた取り組み」を行う組織が取り組む事業
    上限:50万円 補助率:100%(定額補助)

小規模事業者持続化補助金[コロナ特別対応型](商工会地区分/商工会議所地区分[更新](R2年補正)

小規模事業者が商工会や商工会議所と一体となって行う販路開拓などへの支援のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために行う販路開拓等の取組
上限:100万円 補助率:A類型 2/3/B類型・C類型 3/4
  • A類型(サプライチェーンの毀損への対応)
  • B類型(非対面型ビジネスモデルへの転換)
  • C類型(テレワーク環境の整備)
新型コロナ感染症対策における上乗せ:業種別ガイドライン等に沿った感染防止対策の投資に対し、「事業再開枠」として上乗せできます。【上限:50万円 補助率:10/10】
公募:2020年4月28日~第2回締切:6月5日 第3回:8月7日 第4回締切:10月2日

ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(R2年当初予算)

複数の中小企業等が行う、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。
  1. 企業間連携型:事業者間でデータを共有・活用することで生産性を高めるプロジェクトまたは地域経済牽引事業計画の承認を受けて連携して行う事業。上限5者。
    • 上限:2,000万円
    • 補助率:中小:1/2 小規模:2/3
  2. サプライチェーン効率化型:幹事企業・団体等(大企業含む)が主導し、中小企業等が共通システムを面的に導入し、データ共有・活用によってサプライチェーン全体を効率化する取組み。上限10者。
    • 上限:1,000万円
    • 補助率:中小:1/2 小規模:2/3
公募:2020年4月28日~6月30日

地域の稼ぐ力の強化・インバウンドの拡大

JAPANブランド育成支援等事業(R2年補正・事務局募集資料より)

中小企業者等が行う、市場ニーズに対応した新商品・サービス開発やブランディング等の取組みを支援
  1. 事業者支援型:地域産品を活用した新商品を開発し、諸外国のECサイトに掲載することで、新たな販路を開拓する事業者を支援
    上限:500万円 補助率:2/3
  2. 支援事業型:民間支援事業者や地域の支援機関等が、地域産品を活用した新商品の開発・商品のブランド化等に取り組む中小企業・小規模事業者に対して、市場調査や商品のプロモーション活動等の支援を行う際の費用を補助
    上限:2,000万円 補助率:2/3


経営の下支え、事業環境の整備

商店街活性化・観光消費創出事業(R2年当初予算)

地域と連携して魅力的な商業・サービス業の環境整備等を行い、インバウンドや観光といった新たな需要を効果的に取り込む商店街の取組を支援
  1. 消費創出事業:インバウンド・観光需要を取り込む環境整備、イベント等の取組 補助率:2/3
  2. 専門家派遣事業 上限:200万円 補助率:10/10(定額)
上限額は2種合わせて2億円
公募:2020年1月31日~
(締切は現在未定。1か月前をめどに公開予定)

その他

NEDO先導研究プログラム/未踏チャレンジ2050(R2年当初予算)

新規性、独創性、革新性があり、将来的な波及効果が期待できる温室効果ガス削減に関する研究開発テーマに産学連携で取り組む大学、研究機関、企業等を支援
※対象となる研究開発テーマには開発領域の指定あり
助成率:100%(委託事業) 上限:1億円
公募:2020年4月24日~6月30日

中小企業組合等課題対応支援事業(R2年当初予算)

中小企業が単独では解決することが難しい経営課題について、中小企業が連携して取り組む事業を支援
  1. 中小企業組合等活路開拓事業:中小企業組合等が行う事業環境改善等の計画や展示会出展等の取組を支援
    補助率:6/10 上限:2,000万円
  2. 組合等情報ネットワークシステム等開発事業:中小企業組合等がIT活用による経営革新を推進するための情報システム開発などのプロジェクトを支援
    補助率:6/10 上限:2,000万円
  3. 連合会(全国組合)等研修事業:全国地区の連合会等が抱える課題解決のための研修プロジェクトを支援
    補助率:6/10 上限:300万円
公募:【第2次】2020年4月1日~5月29日 【第3次】2020年7月20日~8月31日