HOME > ・エネルギー関連技術 > 平成26年度補正 地域工場・中小企業などの省エネルギー設備導入補助金/最新モデル 省エネルギー機器など導入支援事業

平成26年度補正 地域工場・中小企業などの省エネルギー設備導入補助金/最新モデル 省エネルギー機器など導入支援事業

(この公募は終了しました)

地域の工場も活用できる省エネ設備の補助金

公募時期 「A類型」平成27年3月16日~ 平成27年12月11日
「B類型」平成27年3月16日~ 平成27年  4月15日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 「A類型」補助率:中小企業者、エネルギー多消費企業1/2以内 
その他事業所1/3以内
 補助金:上限:1.5億円
「B類型」補助率:1/3・1/2・2/3
 補助金:上限:50億円
助成金・補助金の目的:

最新モデルかつ旧モデルと比較して年平均1%以上の省エネ性能の向上が確認できる機器等の導入(A類型)、および工場・オフィス・店舗等の省エネや電力ピーク対策、エネルギーマネジメントに役立つ既存設備等の改修・更新(B類型)を支援するものです。

対象となる事業:

  1. 「A類型」...最新モデル省エネ機器等導入
    • 既築(増築・改築等)の工場・事業場・店舗等において、環境共創イニシアチブ(Sll)補助対象機器等へ置き換える又は補助対象機器等を新設する事業。
    • 補助率:中小企業者、エネルギー多消費企業1/2以内・その他事業所1/3以内 *下図参照
    • 補助金:上限:1.5億円 ・ 下限:50万円 (1事業者あたりの補助金)
     
  2. 「B類型」...地域工場・オフィス・店舗等省エネルギー促進事業
    • 既設設備・システムの置き換え、製造プロセスの改善等の改修により、省エネルギー化を行う事業。
    • 補助率:1/3の場合は対象経費300万円以上、1/2の場合は200万円以上、2/3の場合は150万円以上 *下図参照
    • 補助金:上限:50億円 ・ 下限:100万円(1事業者あたりの補助金)

◆「A類型」は補助対象機器、SIIに登録された証明書発行団体から予め性能証明書の発行を受けていること!

◆  同一事業所においてA類型とB類型両事業への申請はできない。異なる事業所の申請であれば、A類型と
    B類型の両事業へ申請が可能。

    

「A類型」
img_a.jpg

  • [エネルギー多消費企業]…売上高に対する、エネルギーコストの割合が10%以上の企業。
  • [FIT減免認定を受けた事業所]…電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法
    第17条第1項の規定により、賦課金に係る特例の認定を 受けた事業所。「B類型」
    img_b.jpg
    I.[省エネ設備・システム導入支援]…工場・事業場等における、既設設備・システムの置き換え、
    又は製造プロセスの改善等の改修による省エネルギー事業。

    II.[電気需要平準化対策設備・システム導入支援]…工場・事業場等における、既設設備・システムの
    置き換え、又は製造プロセスの改善等の改修、又は一部設備・システムの新設等により、 電気需要
    平準化時間帯の電力使用量を削減する事業。

    III.[エネマネ事業者を活用する場合]…エネマネ事業者と連携し、省エネ設備・システム等又は電気需要
    平準化対策設備・システムに加え、EMS を用いた設備の制御により、より一層の効率的・効果的な省
    エネルギーを実施する事業。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【一般社団法人 環境共創イニシアチブ】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中