HOME > エネルギー関連技術 > 平成27年度 中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業

平成27年度 中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業

(この公募は終了しました)

新産業の振興のためのイノベーションを創出する新規性・革新性の高い実用化開発への支援

公募時期 平成27年5月26日~7月22日
公募資料 こちらからご覧いただけます【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 上限:1億円/期間 助成率:2/3
※助成期間は最長2年間
助成金・補助金の目的:

平成26年度の「日本再興戦略」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、中小企業等が大学等の「橋渡し研究機関」から技術シーズの移転を受けて事業化する、あるいは中小企業等が保有する技術を橋渡し研究機関と共同で迅速に実用化に結び付けることを支援することにより、中小企業等の技術力向上、生産の革新を促進。また、同時に橋渡し研究機関の機能強化を促進します。

対象となる事業:

  • 新産業の振興のためのイノベーションの創出する新規性・革新性の高い実用化開発
  • 助成事業後、3年以内に実用化
(実証段階の計画であっても技術開発要素があればOK)

助成金・補助金の対象者:
橋渡し研究機関と共同研究を行う中小企業、中堅企業、中小・中堅企業が構成する組合等
 中堅企業:売上高1000億円未満または従業員1000人未満の企業

h27_taisei橋渡し研究機関:
大学や公設試といった共同研究相手となる研究機関
本事業への申請とは別に、同機関よる「橋渡し研究機関確認申請」が必要。
共同研究機関がある場合は事前に橋渡し研究機関として申請しているかご確認ください。
未申請の場合は要申請 申請期間:平成27年5月26日~7月22日(本事業の申請期間と同様)
これから共同研究先を探す場合、6月中旬に経産省が発表する「橋渡し研究機関のリスト」から探すこともできます。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中