HOME > ・事業を大きく > 平成26年度 中小企業・小規模事業者海外展開戦略支援事業 第2次公募

平成26年度 中小企業・小規模事業者海外展開戦略支援事業 第2次公募

(この公募は終了しました)

海外展開を目指す中小、小規模事業者への支援事業。

公募時期 平成26年6月3日~7月31日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 助成率:2/3 上限:120万円
※賃上げ等実施の場合は上限:240万円
助成金・補助金の目的:

アジア新興国等のマーケットの拡大や為替変動等によるコストダウンの要請、市場での価格競争の激化等により、経営環境が厳しさを増す中小企業・小規模事業者にとって、大きなビジネスチャンスとなる海外の市場開拓。
海外展開を通じた企業の経営基盤強化に向けた海外への投資や販路開拓等、海外展開を行う中小企業者を対象とした海外展開事業計画の実現を支援します。

対象となる事業:

海外展開のF/S(フィージビリティ・スタディ)調査。
主な調査項目は以下の通り。

  1. 生産適地の工場設備、インフラ、労働力、関連産業、許認可、投資優遇策
  2. 現地のマーケット、需要動向、消費動向、流通チャネルや代理店
  3. 部品・材料の調達に必要な品質、納期、生産ロット、マネジメントレベル、技術力、製造原価

助成金・補助金の対象者:

自社の海外展開事業計画を有する

  • 中小企業者
  • 中小企業で構成する2社以上の中小企業グループ
  • 中小企業で構成させる各種組合、連合会

F/S支援は

  1. 国内での事前準備
  2. 海外での現地調査
    ※ただし、海外F/S調査は
    • 原則、対象は1か国
    • 海外現地調査の回数は1回、1名、1週間程度を原則とする    という要件があります。
  3. F/S実施後のフォローアップ
の3種の内容となります。
F/S調査にあたり、民間の支援機関を活用することが可能ですが、中小機構の専門家に依頼することも可能。
その場合、専任の専門家が担当としてつき、各段階のアドバイスが一貫して行われます。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【中小企業基盤整備機構】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中