HOME > ものづくり基盤技術 > 平成26年度 福祉用具実用化開発推進事業

平成26年度 福祉用具実用化開発推進事業

(この公募は終了しました)

NEDOによる高齢者や心身障がい者の生活の質(QOL)向上のための技術開発への助成。

公募時期 平成26年3月31日~5月27日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 助成率:2/3 上限:1000万円/年
※期間最長3年間、期間金額上限:3000万円

老人や心身障害者の日常生活上の便宜を図るための用具あるいは、機能訓練のための用具である、「福祉用具」の技術開発助成。

以下の3種を重点対象分野とします。

  • 「少し不自由な高齢者」を対象とした福祉用具の研究開発
    >※少し不自由な高齢者=支援及び要介護度1の人のこと
    身体機能の維持、要介護状態の予防、自立支援対策
  • 高齢者及び障害者のQOL向上を目指した福祉用具の研究開発
    日常生活動作をより円滑にする、就労が可能になる
  • 高齢者及び障害者の社会参加を支える福祉用具の開発
    バリアフリーの推進など高齢者や障害者の積極的な社会参加(ノーマライゼーション)を支援
平成26年度は5件程度の採択を予定しています。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中