HOME > ものづくり基盤技術 > 平成22年度イノベーション推進事業(実用化)

平成22年度イノベーション推進事業(実用化)

(この公募は終了しました)

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による支援事業

公募時期 ~平成22年5月17日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 助成率1/2~2/3 上限5千万円/年程~上限1億円

NEDOが下記の8つの技術分野で公募する大型事業の今年度1回目の公募です。例年は前年の年末に公募されていた事業ですが、事業仕分けの影響で半年近く遅れての公募となりました。例年は6月頃に第2回目の公募が行われるのですが、今年はどうなるかわかりません。
〔技術分野〕
① ライフサイエンス分野
② 情報通信分野
③ 環境分野
④ ナノテクノロジー・材料分野
⑤ エネルギー分野
⑥ 製造(ものづくり技術)分野
⑦ 社会基盤分野
⑧ フロンティア分野

公募カテゴリーは3つに分かれます。
(1)研究開発型ベンチャー技術開発助成事業
・助成率2/3 上限5千万円/年程度
・申請時において設立10年以内の民間企業であること。
・資本金3億円以下もしくは従業員が300人以下の企業であること。

(2)産業技術実用化助成事業、
・助成率1/2上限5千万/年程度
・資本金300億円以下の民間企業であること
・事業期間(2年間)終了後3年以内で実用化が可能な具体的な計画であること

(3)次世代戦略技術実用化開発助成事業

・助成率2/3、上限1億円/年程度
・企業規模等の制約なし
・事業期間(2年間)終了後5年以内で実用化が可能な具体的な計画であること

(注:公募要領に含まれている「新エネルギーベンチャー技術革新事業」については別途解説します)

公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中