HOME > ものづくり基盤技術 > グリーンイノベーション基金事業/食料・農林水産業のCO2等削減・吸収技術の開発

グリーンイノベーション基金事業/食料・農林水産業のCO2等削減・吸収技術の開発

(この公募は終了しました)

農林水産業に期待されるCO2等の吸収・固定技術の開発支援

公募時期 令和4年8月24日~10月24日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 予算額:13.0~94.6億円
補助率:1/3~9/10(事業及び研究開発フェーズにより異なる) 個別事業の上限額未設定。

※詳しくは本文参照
助成金・補助金の目的:

研究開発・実証から社会実装への支援である「グリーンイノベーション基金事業」の一環として、「食料・農林水産業のCO2等削減・吸収技術の開発」に係る技術開発事業を支援し、「2050年カーボンニュートラル」の目標達成に取り組むこと

対象となる事業:

以下の「農地」「森林」「海洋」に関する3種の開発項目が対象です。

  • 【研究開発項目1】 高機能バイオ炭等の供給・利用技術の確立(予算額94.6億円)
    1. 高機能バイオ炭等の開発【委託・補助】
      補助率:[基礎的技術開発 9/10(委託)→製造実証プラント仕様・設計: 2/3(補助)→ 実証プラントの導入・改良: 1/2(補助)]+[ 1/10( インセンティブ)]
    2. 高機能バイオ炭等による CO ₂ 固定効果の実証・評価等 【委託・補助】
      補助率:[基礎的技術開発 9/10(委託)→高機能バイオ炭等効果実証: 2/3(補助)、全国規模での効果実証、環境価値評価実証・運用: 1/2 補助)]+[ 1/10(インセンティブ)]
  • 【研究開発項目2】 高層建築物等の木造化に資する等方性大断面部材の開発(予算額51.6億円)
    1. 等方性大断面部材の製造要素技術の開発 【補助】
      補助率:[要素技術開発・試験体作成 2/3(補助)→ 層構成の最適化: 1/2 (補助)]+[ 1/10( インセンティブ)]
    2. 等方性大断面部材の連続製造技術の確立 【補助】
      補助率:[証製造ライン構築、合理化・最適化 1/3 (補助)]+[ 1/10( インセンティブ)]
    3. 等方性大断面部材の規格化・告示化のための性能評価と設計法の提案【委託】
      補助率:[性能評価、一般的設計法提案、規格化・告示化: 9/10 (委託)]+[ 1/10( インセンティブ)]
  • 【研究開発項目3】 ブルーカーボンを推進するための海藻バンク整備技術の開発(予算額13.0億円)
    • ブルーカーボンを推進するための海藻バンク整備技術の開発【委託・補助】
      補助率:[基礎的技術開発 9/10 (委託)→実証(先行 5 漁港): 2/3 (補助) →実証(先行 5 漁港継続、追加 5 漁港): 1/2(補助)]+[ 1/10( インセンティブ)]

助成金・補助金の対象者:

上記研究開発を行う単体または複数の企業

インセンティブ
本事業では成果報酬のようなインセンティブ措置を講じています。
NEDOが社会実装計画の審査やWGでの議論の結果、妥当性が認められる場合に、
【(総事業費)×(インセンティブ率)×(目標の達成度 )】をインセンティブ額として付与します。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中