HOME > 地域活性化 > 平成26年度 地域商業 自立促進事業 第2次募集

平成26年度 地域商業 自立促進事業 第2次募集

(この公募は終了しました)

中小企業庁による商店街活性化の補助事業です。

公募時期 平成26年9月1日~11月6日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【中小企業庁】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 上限:500万~5億円 補助率:1/2~2/3(事業により異なる)
助成金・補助金の目的:

商店街等を基盤として、地域経済の持続的発展を図るために行う地域コミュニティの形成のための取り組み、商店街等の新陳代謝を図る取り組み、商店街等の魅力創造に向けた取り組みを支援し、地域の生活基盤として重要な役割を担う商店街等の自立を促進すること

対象となる事業:

■調査分析事業

  • 地域商業自立促進調査分析事業
    • 以下、「支援事業」の「1.地域コミュニティ形成促進支援事業」または「2.商店街等新陳代謝促進支援事業」の事前調査・分析が対象。
    • 「ニーズ調査」「マーケティング調査」が原則
    • 上限:500万円 補助率:2/3
■支援事業
  1. 地域コミュニティ形成促進支援事業
    • 地域商業自立促進調査分析事業等の事前調査に基づき、地域住民のニーズがあり、地域における消費活動の基盤となる地域コミュニティの形成を助ける事業
    • 上限:5億円 補助率:2/3
  2. 商店街等新陳代謝促進支援事業
    • 地域商業自立促進調査分析事業等の事前調査に基づき、商店街の新陳代謝を図り、商店街の持続的な発展のための地域経済の自立的循環を促進する事業
    • 上限:5億円 補助率:2/3
  3. 魅力創造支援事業
    • 地域の消費活動を活発化させ、地域経済の自立的循環を加速化する事業
    • 上限:原則 2億円
      (「地域コミュニティ形成促進支援事業」又は「商店街等新陳代謝促進支援事業」と組み合わせて行う場合、上限:5億円)
      補助率:原則 1/2
      (「商店街の活性化のための地域住民の需要に応じた事業活動の促進に関する法律」又は「中心市街地の活性化に関する法律」の認定計画に基づく場合、補助率:2/3)

助成金・補助金の対象者:
  • 「地域商業自立促進調査分析事業」及び支援事業の「地域コミュニティ形成促進支援事業」「商店街等新陳代謝促進支援事業」は商店街+民間事業の連携体
  • 「魅力創造支援事業」は商店街、民間事業者(連携体でなくてもOK)

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【中小企業庁】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中