HOME > 地域活性化 > 令和元年度補正・令和二年度補正[2次締切分] ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型[特別枠含む])

令和元年度補正・令和二年度補正[2次締切分] ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型[特別枠含む])

(この公募は終了しました)

中小企業等への設備投資支援

公募時期 令和2年3月31日~5月20日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【全国中小企業団体中央会(ものづくり補助金総合サイト)】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 補助率:1/2~2/3 上限:1,000万円
助成金・補助金の目的:

中小企業・小規模事業者等が行う革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善のための設備投資を支援し、生産性向上を図ること

対象となる事業:

一般型:新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発

  • 補助対象経費:
    【通常枠】機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費
    【特別枠】上記プラス 広告宣伝費・販売促進費
  • 上限:1,000万円 補助率:【通常枠】中小企業 1/2、小規模事業者 2/3 【特別枠】一律2/3
  • 特別枠:令和年度補正予算による新型コロナウイルス対策特別枠。「サプライチェーンの毀損への対応」「対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のための設備投資が全体の1/6以上の場合に該当。
加点要件があります。
  • 経営革新計画の承認をとる
  • 小規模事業者、又は、創業・第二創業後間もない(5年以内)
  • 昨年の激甚災害指定地域の被災事業者、新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために設備投資等に取り組む事業者又は、有効な期間の事業継続力強化計画の認定(申請中を含む)を取得
  • 賃上げを計画している(給与支給総額を年率平均2%または3%以上増加、最低賃金を地域別最低賃金+60円または+90円以上にアップ、被用者保険の適用拡大)
  • 「特別枠」の要件を満たす申請は、特別枠で不採択の場合、通常枠で加点の上、再審査されます。
過去3年間にものづくり補助金に採択されている場合は、減点対象となり、採択されにくくなります。

助成金・補助金の対象者:
中小企業・小規模事業者等

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【全国中小企業団体中央会(ものづくり補助金総合サイト)】 (公募は終了しました)

本事業は、申請手続きの際に補助金申請システム(Jグランツ)を使用します。Jグランツを利用する際には事前にGビズIDの取得(無料)が必要ですのでご注意ください。詳しくは以下のページをご参照ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中