助成金や補助金とはなんですか?

助成金や補助金とは、一般的には国や地方自治体等の公的機関が、中小企業の活性化など、法律に基づいた特定の目的に沿って予算化され、決められた基準に合致する事業者に対して支給される、返さなくて良い資金です。また一部の民間財団等が行う助成金事業もあります。

企業に関係のある助成金や補助金を大まかに分けると、次の2つに分類する事ができます。

1)研究開発や経営革新・地域活性化などに係るもの

経済産業省を中心に、技術的イノベーションや新分野での新たな試み、あるいは地域の活性化への取り組み支援するもので、数百万円程度から数千万円、高額なものは一億円を超えるものもあります。その多くは競争型であり、3~10倍以上の競争を勝ち抜かなければなりません。

2)雇用確保に係るもの

主に厚生労働省が実施しています。雇用拡大や人材育成の資金を補助するといった形で支給されます。高齢者、女性、二ート対策といった社会的弱者の支援、最近では働き方改革など目的を絞ったものも増えてきました。多くは応募条件を満たせばすべての応募者に支給されます。

その他のよくある質問は【こちら】から