HOME > 新製品・新技術の開発 > 令和2年度第2次 新技術開発助成

令和2年度第2次 新技術開発助成

市村清新技術財団 による新技術の開発や実用化への支援

公募時期 令和2年10月1日~10月20日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【市村清新技術財団 】
助成率・補助率及び上限額 助成率:4/5 上限:2,400万円
助成金・補助金の目的:

独創的な新技術の実用化を支援することで、国内の産業・科学技術の新分野等を醸成開拓、国民生活の向上に寄与すること

対象となる事業:

「独創的な新技術の実用化」をねらいとした研究開発で、以下の要件を満たすこと

  1. 知的財産権が特許の出願もしくは特許権の取得により主張されていること
  2. 開発段階が実用化を目的にした開発試作であること
  3. 実用化の見込みがある技術であること
  4. 開発予定期間が原則として1年以内であること
  5. その技術の実用化で経済的効果 、または地球温暖化防止が大きく期待できること
  6. 自社のみの利益に止まらず、産業の発展や公共の利益に寄与すること
以下は対象外
  • 医薬品およびソフトウエア製品の実用化開発
  • 国の承認審査のために必要な臨床試験段階の開発(ただし医療機器・器具 は助成対象)
  • 研究段階、商品設計段階、量産化段階の技術開発

助成金・補助金の対象者:
実用化段階にある独創的な技術を保持する中小企業

■助成事業開始までの流れ 本事業では、事業開始時に助成金が贈呈されます。
公募期間:令和2年10月1日~20日
採択結果:令和3年1月下旬
助成金贈呈式:令和3年2月中旬 ⇒助成事業開始

■申請方法
本事業の申請書の提出は財団のWeb登録システムを使った「申請書の登録」「申請書類一式の郵送」の二本立てです。
※Web登録したものと送付物は同一内容のこと。
Web登録には「マイページ」の取得(無料)が必要です(第2次募集のマイページの取得期間は令和2年8月1日~10月20日)。
※マイページは「1申請1アカウント」です。複数申請する場合は複数の取得、以前の申請時に取得していても新たなマイページの取得が必要です。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【市村清新技術財団 】

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中