HOME > 健康・福祉関連 > 平成22年度 福祉用具研究開発助成事業(厚労省系)

平成22年度 福祉用具研究開発助成事業(厚労省系)

(この公募は終了しました)

厚生労働省所轄の財団法人テクノエイド協会が募集する助成事業です

公募時期 平成21年10月1日~11月30日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【テクノエイド協会】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額

福祉用具の研究開発及び調査研究を対象とした助成事業であり、企業規模の制限は設けていません。
過去の採択事業者にはオムロンや日立、パナソニック、三菱電機といった大企業の名前も見られます。

結果発表は来年5月とかなり遅れますが、助成金の支払時期は採択直後のようです。また、「助成率」は設定されていません。
NEDOでも同様の内容の事業が行われますが、同じテーマで両方に申請することは可能です。但し結果の発表時期はNEDOが先で、
そちらで採択されたらこちらは辞退しなければなりんせん。

事業は二つの区分に分かれています。

〈用具の研究開発〉上限3,000万円以下の助成金(助成率100%)
ア.新技術・新材料を利用した研究開発
イ.既存技術・既存材料の融合、応用、小型化等の研究開発
ウ.既存製品(外国製品を含む。)の改良研究開発
エ.単機能製品を組み合わせた新システム製品の研究開発
オ.生産工程を合理化するための技術開発

〈用具の調査研究〉400万円以下の助成金(助成率100%)
[用具の研究開発につながる調査研究又は用具の経済的有効性を実証するための調査研究等]

詳しい内容はこちら>>>詳細

公募の詳細はこちら  【テクノエイド協会】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中