HOME > 健康・福祉関連 > 平成24年度 第2回福祉用具実用化開発推進事業

平成24年度 第2回福祉用具実用化開発推進事業

(この公募は終了しました)

NEDOによる福祉用具実用化事業に対する助成。

公募時期 平成24年9月12日~10月22日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 1千万円/事業 助成率2/3(大企業:1/2)

高齢者、心身障がい者及び介護者のQOL向上に貢献する福祉用具の開発に対する助成事業です。

今年度予算が6,200万円、うち3,000万円が今回の本年度2回目の公募予算となります。

採択予定件数は3件と、今回もまた狭き門です。

今回の公募ではすでに開発され実用化段階にある/実用化されている既存製品の実証試験が対象となります。

  1. ニーズ深化対応型同一用具では対応できない、個別の多種多様なニーズに対応できる福祉用具の開発
    • 個別ニーズを持つ使用者(高齢者や障がい者)に適合
    • 介護者の負担を軽減
    • 使用環境に応じた操作性の向上
  2. 異業種協業型他業種の協力を得ながら製品の普及、新市場の形成をする
    • 異業種の事業者より技術、デザイン、ユーザ評価などの点で助言を得る
    • 福祉用具の開発そのものは異業種企業は行わない
詳しい内容はこちらからお問い合わせください

公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中