HOME > 製造業(ものづくり) > 平成23年度 戦略的基盤技術高度化支援事業(第3次補正予算)

平成23年度 戦略的基盤技術高度化支援事業(第3次補正予算)

(この公募は終了しました)

夏の被災地向けに続く、第3次公募です。

公募時期 平成23年11月11日~12月12日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【関東経済産業局】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 委託額上限(助成率100%) 計画の1年分のみ:4,500万円 全部または一部(2年以上):9,000万円

我が国の製造業者の国際競争力の強化と新たな事業の創出を目指し、中小企業のものづくり基盤技術(鋳造、鍛造、切削、めっき等)の高度化に資する革新的かつハイリスクな研究開発等を促進することを目的としています。

本事業に応募できるのは、

  • 『特定研究開発等計画』が認定されている企業
  • 『特定研究開発等計画』の認定を12月12日までに申請する企業
研究開発期間は契約締結日~平成24年3月31日(ただし、平成25年3月31日まで延長可)
予定採択件数は30件程度。

この事業には、事業全体をとりまとめる『事業管理機関』が必要ですが、一社が『研究機関』と『事業管理機関』を兼務することも可能です。

委託費上限金額に関しては注意が必要です。
  1. 計画の1年分のみ:4,500万円
    • 複数年計画の1年分のみを申請(該当の「1年分」が計画の何年目の分でもOK)
    • 次の年の分は翌年の公募で申請可能
  2. 複数年計画の全部または一部(2年以上):9,000万円
    • 新規に『特定研究開発等計画』の認定申請を行う場合は、複数年の研究開発計画を単年で実施するものが対象
    • 複数年計画の一部(2年以上)を1年に短縮する場合も対象
 

研究開発期間2年度以上の複数年計画。 特定ものづくり基盤技術とは、以下の20の技術分野
  1. 組み込みソフトウェアに係る技術
  2. 金型に係る技術
  3. 電子部品・デバイスの実装に係る技術
  4. プラスチック成形加工に係る技術
  5. 粉末冶金に係る技術
  6. 溶射に係る技術
  7. 鍛造に係る技術
  8. 動力伝達に係る技術
  9. 部材の結合に係る技術
  10. 鋳造に係る技術
  11. 金属プレス加工に係る技術
  12. 位置決めに係る技術
  13. 切削加工に係る技術
  14. 織染加工に係る技術
  15. 高機能化学合成に係る技術
  16. 熱処理に係る技術
  17. 溶接に係る技術
  18. めっきに係る技術
  19. 発酵に係る技術
  20. 真空の維持に係る技術

公募の詳細はこちら  【関東経済産業局】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中