HOME > 経営強化・経営改善 > 2022年度第2回 SBIR推進プログラム

2022年度第2回 SBIR推進プログラム

(この公募は終了しました)

政策に基いて設定された研究開発課題において、研究開発型スタートアップ等を開発段階に応じて支援

公募時期 令和4年6月28日~7月29日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 補助率:100%(委託事業) 上限:1,500万円
助成金・補助金の目的:

内閣府ガバニングボードにより決定され研究開発課題に取り組む研究開発型スタートアップ等が実施する研究開発の促進及び成果の円滑な社会実装

対象となる事業:

政府より指定された以下の研究開発課題を対象とした「フェーズ1」の事業(概念実証[PoC: Proof of Concept]及び実現可能性調査[F/S: Feasibility Study])

  1. 農林漁業者の高齢化や担い手不足の解消に資する自動化・省力化、生産技術の効率化
  2. 農林水産物の流通の合理化・迅速化
  3. 農林水産物の環境配慮、循環型の生産体系実現の可能性拡大に資する技術開発
  4. ロボティクスを活用した農林水産分野の人手不足解消に資する研究開発
  5. IoT 等の活用による内航近代化に係る研究開発
  6. 海の次世代モビリティによる沿岸・離島地域の課題解決に向けた研究開発
  7. 造船所の生産性向上に関する研究開発
  8. CPS (Cyber Physical System)型レーザー加工に関する研究開発
※尚、ステージゲート審査を経て、「フェーズ2」(実用化研究開発)へ進める可能性あり。以下、参考までにフェーズ2の内容も掲載。(「ク」はフェーズ1で終了。)
  • ア~エ:上限:1,000万円/年 補助率:100%(委託事業) 事業期間:原則2年
  • オ~キ:上限:2,000万円/年 補助率:100%(委託事業) 事業期間:最長2年

助成金・補助金の対象者:

国内の単独または複数の中小企業等

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中