HOME > 健康・福祉関連 > 平成22年度 橋渡し促進技術開発

平成22年度 橋渡し促進技術開発

(この公募は終了しました)

NEDOによる医療分野での基礎研究から臨床研究への橋渡しを目的とした支援事業

公募時期 ~平成22年6月21日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 上限1億円程度/年(上限3年間) 100%助成(委託事業)

バイオ医薬品、細胞・組織加工品等を中心とする、創薬、診断技術、医療機器等の医療技術を行います。

経済産業省や文部科学省が進めてきた医療系の大学発ベンチャー等の活性化に的を絞った事業であり、民間企業の実用化としては珍しく、NEDOが開発費を100%する「委託事業」です。

提案代表者は、創業20年未満の「ベンチャー企業」に限定されます。ここで言う「ベンチャー企業」とは、革新的な医薬品等の開発を行っている、従業員数300名以下の企業を言います。

また「橋渡し研究機関」といわれる臨床研究を行う設備と体制が整った研究機関(大学病院等)との連携も条件とされています。

公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】2週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中