HOME > コンサルタントの視点 > ものづくり試作開発第2次締切は、、、?

ものづくり試作開発第2次締切は、、、?

2009/07/12

前回お知らせした「試作品開発及び販路開拓への助成」は、8月までに2回の募集を行う予定とのことだったので、その締切日が発表されたところで続編を出すつもりで待っていたのですが、中小企業団体中央会のホームページに「8月中旬」と表示されたまま一向に正確な日程が公表されません。

そこでいろいろと当社のネットワークから情報を集めたところ、第一次公募の結果が発表される7月24日前後まで日程が決まらないようです。

理由は、まず6月24日締め切り分の応募が約7000件もあり、7月10日に予定していた結果公表を24日まで延期したものの、応募案件の評価に時間が掛かり、2次募集の残り枠の予測がつかないことがあげられます。これから先は集めた情報に基づく私の勝手な予想なのですが、、、

1)一次募集で大方の採択枠が埋まってしまう可能性があり、その場合に2次の募集への応募数を締め切りまでの期限設定で調整したいとの思惑がある。
2)国会解散・総選挙の時期と重なる可能性が高く、そのスケジュールが不透明な内はできるだけ日程の公開を遅らせたいとの意向がある

といったことがあるのではないかと思います。

いずれにしろ総採択数2000件の内、2次枠で残る件数は少なそうとの観測もあるので、2次を狙っておられる方は申請内容のブラッシアップに怠りなきようご注意申し上げます。

都議選の結果がこちらにも影響するかもしれませんね?

本記事は2009/07/12時点での情報です。状況は刻々と変化しますので、必ずその時点での最新情報をご確認ください。

季節の俳句

紫陽花剪る なほ美しいもの あらば剪る(津田清子)

「剪る」は「きる」、「美しいもの」は「ほしいもの」と読みます。女性である作者の一瞬の情念を、素直に吐露した一句と思います。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中

助成金・補助金を探す