HOME > コンサルタントの視点 > サポイン総額9750万円のもらい方

サポイン総額9750万円のもらい方

2012/01/23

第3次補正予算で公募されていた戦略的基盤技術高度化支援事業のうち、『特定研究開発等計画』申請企業の結果が1月18日付で公表されました。

今回はこの戦略的基盤技術高度化支援事業について少し解説します。

助成金情報:戦略的基盤技術高度化支援事業(再掲)

この事業は別名サポートインダストリー、通称サポインと呼ばれていて、上記に記載した20種類の“戦略的基盤技術”に該当する開発テーマを持って、通常は年間を通して応募できる『特定研究開発等計画』の認定申請をすることが入り口となります。

但し無事に認定をもらえても、この時点ではまだお金はもらえません。

認定企業だけが対象となる「戦略的基盤技術高度化支援事業」という、お金がもらえる「委託事業」(100%政府の負担)への参加資格が得られるだけです。

で、認定が取れたら年に1~2回行われる「委託事業」の公募を待つのですが、昨年の補正予算のように災害復興など緊急の企業支援として実施する場合は、間口を広げるために認定申請と委託事業への申請を同時に受け付けることがあります。

今回だけの特例ではなく、東日本災害以前にもリーマンショック以降の不況対策として何度か行われています。

でも応募する側は大変です。

公募期間の1ヶ月前後の間に、

「認定申請」と「委託事業」という結構ボリュームのある2つの申請書類を作成しなければならない上に、

「委託事業」については補助金を1年間立替払いできる体制を整えなければいけない
という重たい問題も解決しなければなりません。

私も年末に一社お手伝いして結構汗をかきましたが、お陰様で認定されてほっとしています。

噂では平成24年度第1回目のサポインも4月早々公募があるようです。

採択されると最高額で初年度4500万円、2年目3000万円、3年目2250万円の総額9750万円がいただけるので、もしチャレンジされるなら今すぐ「認定申請」に取り掛かりましょう。

本記事は2012/01/23時点での情報です。状況は刻々と変化しますので、必ずその時点での最新情報をご確認ください。

季節の俳句

早春の雨に落着く一日かな(稲畑 汀子)

なんだか今日の天気そのまんまですいません。でも実は休日だった昨日の朝の気分なのです。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中

助成金・補助金を探す