HOME > 新製品・新技術の開発 > 平成22年度 NEDO福祉用具実用化開発費助成金

平成22年度 NEDO福祉用具実用化開発費助成金

(この公募は終了しました)

福祉用具の実用化開発

公募時期 2月5日~26日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 助成率 2/3 上限全期間で3千万円(ただし期間は最長3年間)

福祉用具の実用化開発を助成することにより、心身の機能が低下した高齢者や心身障害者の自立の促進と介護者の負担軽減を図り、福祉の増進に寄与するとともに、産業技術の向上に資することを目的としています。

平成5年から21年度までに174件の事業を採択しており、このうち平成20年度までに164件が終了し、その半分強の87件が実用化されているという、比較的息の長い支援事業です。

1月12日以降全国で説明会が行われます。文書だけでは分らない情報も聞ける場なので、特に初めて応募される方には参加をお勧めします。

公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中