HOME > ・エネルギー関連技術 > 平成24年度 戦略的次世代バイオマスエネルギー 利用技術開発事業(次世代技術開発)

平成24年度 戦略的次世代バイオマスエネルギー 利用技術開発事業(次世代技術開発)

(この公募は終了しました)

NEDOによるバイオマス技術開発に関する助成事業です。

公募時期 平成24年5月28日~6月27日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 【産学連携】助成率:100%(委託) 助成額上限:2年で1.2億円
【民間企業のみ】助成率:2/3 助成額上限:2年で8,000万円

先日公募が終了しました「実用化開発」に続くNEDOのバイオマス技術開発支援事業です。

本格的な実用化を2030年頃に見据えた、バイオ燃料の普及を促進する波及効果の大きい「次世代バイオ燃料製造技術」の開発を支援となるため、助成事業終了後の実用化に向けた開発体制も要求されます。

対象となる技術は以下の通りです。

  1. ジェット燃料並びに船舶燃料代替バイオ燃料製造技術開発
    • BTL(Biomass to Liquid)
      • ガス化プロセスと液化反応のマッチングシステムの構築
      • 木質バイオマスの熱分解による直接的な燃料油製造技術の開発
    • 微細藻類由来バイオ燃料
      • 油分生産性の優れた微細藻類の育種・改良、培養技術の開発
  2. その他の燃料で画期的な技術開発
    ジェット/船舶燃料代替バイオ燃料製造技術開発以外で、今の開発技術と比較し、効率が2倍になる、コストが半分になる等、その技術の普及が促進される技術開発。

公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中