HOME > エネルギー関連技術 > 2020年度 NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム 追加公募

2020年度 NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム 追加公募

(この公募は終了しました)

エネルギー・環境分野、新産業創出に結びつく産業技術分野の研究開発への支援

公募時期 令和2年12月4日~令和3年1月13日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【NEDO】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 上限:1億円(年度・件) 補助率:100%(委託事業)
大学・公的研究機関のみによる実施の場合は上限:2,000万円/年度・件
助成金・補助金の目的:

飛躍的なエネルギー効率の向上や低炭素社会の実現に向けた技術、及び新産業創出に結びつく技術のシーズを発掘し、先導研究を実施することにより有望な技術を育成すること

対象となる事業:

新規性、革新性及び独創性が高く、ごく初期の段階の研究開発フェーズのハイリスク&ハイリターンが期待される取組。

<2020年度追加公募 研究開発課題一覧>

  • A. 系統コストを抑制できるデジタル技術によるエネルギー制御システムの開発
    • A1 次世代電力ネットワークのパワエレ信頼性向上に資する技術開発
    • A2 再生可能エネルギーの大量導入及びレジリエンス強化のための電力系統制御等に関する技術
  • B. 分野間の連携による横断的省エネ技術の開発・利用拡大/未利用熱・再生可能エネルギー熱利用の拡大
    • B1 低コスト・省エネに資する酸素富化のための革新的な酸素分離・利用技術の開発
    • B2 表面・構造機能化による次世代熱物質交換プロセス・制御技術開発
    • B3 産業部門における高温加熱プロセスの小型化・省エネルギー化・脱炭素化のための革新技術の開発
  • C. ブルーカーボン(海洋生態系による炭素貯留)の追求
    • C1 ブルーカーボン(海洋生態系による炭素貯留)追及を目指したサプライチェーン構築に係る技術開発
  • D. 農山漁村に適した地産地消型エネルギーシステム構築
    • D1 農山漁村に適した地産地消型エネルギーシステム技術開発、農林業機械・漁船等の電動化及びその普及に資する技術等の開発

助成金・補助金の対象者:
原則として、民間企業と大学等の研究機関の連携体

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中