HOME > ・エネルギー関連技術 > 2022年度第2回 研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援

2022年度第2回 研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援

(この公募は終了しました)

NEDOによるシード期の研究開発型スタートアップ(STS)への事業化支援

公募時期 令和4年6月1日~7月1日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 助成率:2/3 上限:7,000万~2億円
助成金・補助金の目的:

スタートアップ企業の創出・育成を目指し、かつグローバルなネットワークを持つ ベンチャーキャピタル及びシードアクセラレータ(VC)等の日本での活動を活性化し、スタートアップ・エコシステムを強化すること

対象となる事業:

助成額が異なる 2 つのコースがあります。
いずれも事業期間は交付決定から2023年3月31日までですが、予算都合により2024年3月31日まで延長の可能性あり。

  1. STS:上限:7,000万円 助成率:2/3
  2. STS2上限:2億円 助成率:2/3
対象技術は以下の全てを満たす必要があります。
  • 原子力を除く経済産業省所管の鉱工業技術であること(ロボティクス、AI、エレクトロニクス、IoT、クリーンテクノロジー、素材、医療機器、ライフサイエンス、バイオテクノロジー技術、航空宇宙等)
  • 具体的技術シーズであって、研究開発要素があること
    ※研究開発要素が薄いものや、既存製品を利用しただけのものについては対象外
  • 競争力強化のためのイノベーション(創薬に係る開発は原則として対象外)を創出しうるものであること

助成金・補助金の対象者:

以下のすべての条件を満たす必要があります。

  • 日本国内を拠点とするSTS
    ※起業前の場合は、採択後30日以内に起業すること。
  • 認定VCからNEDO助成対象費用の1/3以上の出資を受けている(2021 年 12 月 28 日以降応募時までに出資)、または受ける予定(応募時に認定 VC の出資意向確認書を提出)。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【NEDO】 (公募は終了しました)

本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中