HOME > 医療・介護機器開発 > 令和5年度 医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靭化事業(先進的医療機器・システム等開発プロジェクト)

令和5年度 医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靭化事業(先進的医療機器・システム等開発プロジェクト)

(この公募は終了しました)

社会的な問題を解決する先進的な医療機器・システムの開発を支援

公募時期 令和4年12月23日~令和5年1月25日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 補助率:2/3(補助事業)100%(委託事業) 補助金と委託費の合計上限額:1億1,500万円
直接経費の30%に相当する額を上限として追加で充当
助成金・補助金の目的:

先進的な医療機器・システムを社会実装し、健康寿命の延伸、医療従事者の負担の軽減、医療費削減などの社会的な問題を解決すること。

対象となる事業:

以下の3つの分野に関する医療機器の開発。

  1. 検査・診断の一層の早期化、簡易化、低侵襲化
  2. アウトカム最大化を図る診断・治療の一体化
  3. 身体機能の補完・QOL向上

  4. 補助金と委託費の合計上限額:1億1,500万円
    補助率:2/3(補助事業)100%(委託事業)

    コンソーシアム イメージ

    出典:AMED 公募説明資料

    ※コンソーシアム内の機関がそれぞれAMEDと契約するような形式

    助成金・補助金の対象者:

    民間企業の研究開発部門、研究所等

    • 民間企業は補助金交付:(直接経費+間接経費)×補助率
    • 民間企業以外、大学等は委託研究開発契約:直接経費+間接経費
    ※国内の企業(民間企業の研究開発部門・研究所等)が代表機関となり、医師、医療機関等との連携からなるコンソーシアムを形成し応募する必要があります。

    本事業の研究開発範囲

    出典:AMED 事業公募ページ

    公募の詳細はこちら  【AMED】 (公募は終了しました)

    本事業は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請手続きを行わないと申請ができませんので、充分ご留意ください。

    【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

    【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中