HOME > 経営強化・経営改善 > 海外サプライチェーン多元化等支援事業 第五回公募(設備導⼊補助型)

海外サプライチェーン多元化等支援事業 第五回公募(設備導⼊補助型)

(この公募は終了しました)

ASEAN地域における生産拠点設置の支援

公募時期 令和4年1月31日~3月31日(終了しました)
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 企業規模・補助対象経費別の補助率:中小企業-1/4~2/3 大企業-1/4~1/2 補助率調整指数:20%~100% 上限:15億円
補助率に関する詳細は本文参照。
助成金・補助金の目的:

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、我が国サプライチェーンの脆弱性が顕在化したことから、特にアジア地域における生産拠点の多元化等によってサプライチェーンを強靭化し、日ASEAN経済産業協力関係を強化すること

対象となる事業:

以下の要件を満たす取組が対象となります。

  • 日ASEANサプライチェーン強靭化に貢献する事業
  • 海外子会社などのASEAN等の法人が事業を実施すること
  • 導入する設備により製造する製品・部素材がサプライチェーンの途絶によるリスクが大きい重要なものであること
  • 導入する設備により製造する製品・部素材が日本における、海外生産割合が50%以上であり、かつ、一国への集中度が15%以上であること
  • 日本国内での自社生産量の減少をもたらすものでないこと

助成金・補助金の対象者:

海外子会社や海外孫会社を有する国内企業

2種類の補助率

本事業では2種類の補助率の掛け合わせにより補助金額が決定します。
企業規模・補助対象経費別の補助率
企業の規模(中小or大企業)、補助対象経費の金額によって補助率が変わります。
 5億円以下の部分5億円~15億円の部分15億円以上の部分
中小企業2/31/21/4
大企業1/21/31/4

補助率調整指数
本事業では、「サプライチェーン強靭化への貢献度合い」「事業対象製品・部素材が途絶した場合の影響の大きさ」の総合評価により、「補助率調整指数」(A:100%、B:80%、C:60%、D:40%、E:20% )が決定されます。
補助金額計算の例
中小企業30億円の対象経費で申請し、補助率調整指数がA:100%であった場合:
「企業規模・補助対象経費別の補助率」は
~5億円の部分の補助率:2/3=5億円×2/3
5億円~15億円の部分の補助率:1/2=10億円×1/2
10億円~の部分の補助率:1/4=15億円×1/4
上記計:約12億円
これに補助率調整指数(20~100%)を乗じたものが最終的な補助金額となります。
(上記例の場合はA=100%なので、同額の12億円×100%=12億円

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【JETRO】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中