HOME > コンサルタントの視点 > 動き出したNEDOの平成22年度

動き出したNEDOの平成22年度

2010/01/05

昨年11月に予告していたNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成事業「平成22年度 福祉用具実用化開発費助成金」が1月5日付で公開されました。
これに先立ち、近々公募が始まる幾つかの助成事業の予告が発表されていますが、平成22年度は従来と異なり、絞られた技術分野での助成事業をかなりの数行っていくように見えます。
例えば
「異分野融合型次世代デバイス製造技術開発プロジェクト」
「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発」

など、MEMSや燃料電池といった特定の技術分野について、さらに詳細な開発目標を限定した事業となっています。
特に、例年はエネルギー分野から医療分野まで広く間口を広げていた『イノベーション推進事業(平成21年度第3回公募)』が、
「世界市場に向けたハイブリッド技術等の応用開発および実証事業」

と称してリチウムイオン電池の性能向上に限定(しかも自動車向けは除外)した内容となっています。
経済産業省では来年度の中小企業支援をますます「ものづくり」に集約するとのうわさがありますが、それと関連した動きなのかもしれません。
12月にご紹介した多府省連携フォーラムでは詳細が公開されるはずなので、情報が入ればご紹介します。


本記事は2010/01/05時点での情報です。状況は刻々と変化しますので、必ずその時点での最新情報をご確認ください。

季節の俳句

大初日 海はなれんとしてゆらぐ(上村 占魚)

快晴の元日の海に昇る太陽。目眩がしそうな荘厳の中で揺らぐのは、太陽か、己か。 では、本年もよろしくお願いします。

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中

助成金・補助金を探す