HOME > 脱炭素関連技術 > エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業〔実証要件適合性等調査〕(2023年度第1回兼2022年度第3回)

エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業〔実証要件適合性等調査〕(2023年度第1回兼2022年度第3回)

エネルギー関連技術でのビジネス展開を狙う国や地域の各種情報収集、実証研究の実現性及び普及可能性の検証

公募時期 令和5年1月12日~3月13日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
助成率・補助率及び上限額 助成率:100%(委託事業) 上限:2,000万円
助成金・補助金の目的:

S+3E(安全性、環境適合+脱炭素化、経済性、安定供給)の実現に資する日本の先進的技術の海外実証。 日本のエネルギー関連産業の国内外への展開、国内外のエネルギー転換・脱炭素化、日本のエネルギーセキュリティに貢献すること。

対象となる事業:

本事業は、[1]実証要件適合性等調査[2]実証前調査[3]実証研究[4]フォローアップの4段階で構成され、審査により移行が認められた案件のみが次の段階へ移行します。
今回は、[1]実証要件適合性等調査の公募です。

[1]実証要件適合性等調査

  • 相手国のエネルギー事情、関連政策、ビジネス環境等の調査
  • 実証要素・成果目標・普及可能性の検討

事業の流れ イメージ

出典:NEDO 公募要領

対象とする技術・実証の要件と技術分野
  1. 電力系統監視・安定化技術
  2. 分散型エネルギーシステムの構築及び調整力向上に資する技術
  3. 余剰電力のエネルギー変換技術
  4. 電化の拡大に資する技術
  5. 低コストな水素関連技術(水素製造、輸送・貯蔵、利用)
  6. メタネーション等、削減・代替効果が期待できるカーボンリサイクル関連技術
  7. 持続可能なバイオ燃料・合成燃料生産技術
  8. ビッグデータ、AI、分散管理技術等を用いたスマートシティ関連技術
  9. 運輸分野のエネルギー転換・脱炭素化に資する技術
  10. IoT・AI等を活用した産業・業務・家庭分野におけるエネルギー効率化技術
  11. 従来型ではない先進的な再エネ技術
  12. その他、エネルギー転換・脱炭素化に貢献する技術

助成金・補助金の対象者:

単独又は複数の企業(提案者は日本法人(登記法人)であること)

公募の詳細はこちら  【NEDO】

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】隔週で、プロ目線の研究開発系補助金情報をメールで配信中