HOME > エネルギー関連技術 > 令和4年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)

令和4年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)

(この公募は終了しました)

環境省によるカーボンニュートラル支援事業

公募時期 令和4年4月28日~6月8日
公募資料 こちらからご覧いただけます 【PDFデータ】
公募サイト 【地域循環共生社会連携協会】 (終了しました)
助成率・補助率及び上限額 補助率:1/2~3/4 上限:1,000万円~(詳細本文参照)
助成金・補助金の目的:

脱炭素化に向け、地域資源を活かし、自立・分散型の社会を形成しつつ、近隣地域 と連携することで「地域循環共生圏」を構築すること

対象となる事業:

  1. 地域の自立・分散型エネルギーシステム構築支援事業
    1. 地域の再エネ自給率向上やレジリエンス強化を図る自立・分散型地域エネルギーシステム構築支援事業(略称:自立・分散エネ)   
      • 設備等導入事業(上限:10億円 補助率:3/4
        令和3年度以前に本事業で計画策定を完了した事業のみが対象
  2. 温泉熱等利活用による経済好循環・地域活性化促進事業
    1. 温泉熱等利活用による経済好循環・地域活性化促進事業(略称:温泉熱等利活用)   
      • 計画策定事業(上限:1,000万円 補助率:3/4
      • 設備等導入事業(上限:3億円 補助率:2/3
    2. 温泉供給設備高効率化改修による省CO2促進事業(略称:高効率化改修)   
      • 計画策定事業(上限:1,000万円 補助率:3/4
      • 設備等導入事業(上限:なし 補助率:1/2
        ただし、CO2削減量の費用対効果から補助金額を算出する算定式を適用(公募要領28ページより)。詳細は公募要領参照

助成金・補助金の対象者:
地方公共団体、民間企業(「自立・分散エネ」では、地方公共団体との共同申請が要件)等

中長期的事業イメージ

今回公募の事業は、赤枠部分。

この助成金・補助金の解説記事はこちら  コンサルタントの視点
公募の詳細はこちら  【地域循環共生社会連携協会】 (公募は終了しました)

【相談無料】補助金・助成金のことなら何でもお気軽にお問い合わせください

【購読無料】週に1度、プロ目線の補助金・助成金情報をメルマガで配信中